会話をしている男女
このエントリーをはてなブックマークに追加

出会いと別れ

結婚があるように、この世には離婚という選択肢があります。結婚している夫婦が、婚姻後に生じた何らかの事情を理由に婚姻関係を解消することを意味しています。法的に認められた夫婦を指しているため、内縁関係の夫婦には離婚という表現は適応されません。女性の自立が目立ち、社会進出が叫ばれている時代だからこそ、夫婦別姓を望む女性が入籍という形にこだわらずに事実婚を行っています。こうした場合も離婚という表現がされないのです。あくまでも、婚姻届を役所へ提出して法的に認められた夫婦である、ということが前提です。原因は人によって様々ですが、浮気や収入による生活費の問題、セックスレスや性格の不一致などが一般的に良く聞かれます。多くの夫婦が夫婦間の関係を修復するために努力を行っていますが、最終的に離婚の選択をする夫婦も少なくありません。心に負荷をかけてまで結婚生活を続ける人は少なく、特に女性が働く環境が整いだしているからこそ、離婚に踏み切る人が多いのです。

離婚をする場合、その手続きの多さにとてつもなく膨大なエネルギーを消費します。事務手続きは勿論、子供がいる場合には親権についても話しあわなければいけません。夫婦間だけで問題が解決できる場合は良いですが、離婚は揉める場合がとても多いのも現実です。特に、金銭が絡んだ場合や、離婚の事象が家庭内暴力によって引き起こされた場合などは双方で揉める可能性がとても高くなるのです。そのため、少々複雑化している場合に弁護士を雇う人の少なくありません。法律のプロである弁護士は、様々な案件に特化した専門を持っていることが多いです。離婚に関しての深い知識を有した弁護士に依頼することで、スムーズに手続きを行うことができるのです。双方が納得できる状況というものは中々作り出すことができません。感情的になってしまうことも少なくないからです。しかし、冷静に話し合いを行えるよう弁護士という第三者を間に挟むことで、直接的に揉めることなく別れることができます。

コンテンツ

離婚の理由

人差し指を立てる男性

離婚に至る理由は様々ですが、双方だけで解決できない場合には裁判になることがあります。原因や理由を裏付ける証拠が必要になるため、弁護士に依頼して十分な証拠を集めるケースも多いです。

詳しく読む

離婚の種類

パソコンを使いながら説明している様子

離婚にはいくつかの種類があります。双方が離婚に対しどういった解釈を行っているか、どう受け入れるかどうかによって種類は変わり、弁護士を間に挟んで話し合いや裁判が行われることもあります。

詳しく読む

弁護士依頼のメリット

家族全員同じ方向を向いて笑顔

双方の話し合いによって円滑に離婚が行われない場合、調停によって第三者を同席させた上で離婚の話し合いがなされます。調停の段階で弁護士を雇う人は多く、雇うことで様々なメリットがあります。

詳しく読む