スーツの女性

弁護士依頼のメリット

家族全員同じ方向を向いて笑顔

双方だけの協議離婚が成立しなかった場合、どちらかが家庭裁判所に申し立てを行うことで第三者を挟んだ調停が行われます。正当な理由があって離婚を申し立てているのかを判断し、最終的に決定を言い渡しますが、その結果に不服だと異議申立てを行うことができます。異議申立てが行われた場合、結果は無効となり裁判に発展することになります。強制的な決定権がある裁判の段階で弁護士を雇う人が多いとされていましたが、近年では離婚調停の段階で弁護士を雇う人が増えているのです。弁護士を代理人につけることで、様々なメリットを得ることができると考えている人も多く、裁判になった場合に弁護士をつけるという考え方は過去のものといっても良いでしょう。弁護士をつけることで得られるメリットは色々あります。離婚の原因や揉めている理由にもよりますが、多くは親権問題や財産分与に関して話し合いが進まないため、弁護士を代理人としてつけるだけでスムーズな話し合いを進めることができます。

弁護士に依頼することで自分の主張を整理して調停委員などに伝えてくれ、調停おいて最も重要な点をしっかりと伝えることができます。経験豊富な弁護士だからこそ感情に任せて主張することがなく、相手の主張をふまえて説得力のある発言を行ってくれます。調停で大事なポイントになるのは、いかに調停委員の共感を得るかです。そのためには、調停を自分に有利に進める必要があるのです。また、調停で離婚が成立しても、結果的に不利になる条件で離婚が進んでしまうことがあります。弁護士に依頼することで裁判に発展した場合を想定して提示された条件を判断することができます。また、離婚の原因が相手にあっても、状況的に秘密にしておくほうが良いこともあります。そうした事実などの情報を漏らすことで裁判で不利になってしまうこともあります。弁護士が代理として話しを行ってくれるため、裁判での有利になることや不利になることを予測して対応することができます。長引けば長引くほど時間と精神的な負担は大きくなりますが、弁護士に依頼することで有利に離婚への段階を進むことができます。